商品レビュー&座談会

スキンソープをご愛用者の方にご意見を伺いました。

本日は、ベルソワンクリアスキンソープのご愛用者の方に商品を使っていただいた感想やご意見を伺いたいと思い、お二人の方に来ていただきました。

本日は、どうぞ宜しくお願いします。(聞き手:商品開発者杉山)

杉山  皆さんは、若い頃と比べて何か肌の様子で変わったことがありますか?今の肌の状態を教えて頂きつつ、よろしくお願い致します。

Aさん 私は、30代の頃は、皮脂でベタベタだったのに、40代になってからは、部分的に乾燥がひどくて悩んでいます。小鼻の毛穴のブツブツも気になっています。

Bさん 私は、脂性でテカテカになるほどです。夏場は、ものすごく汗をかくので更にテカリがひどいです。また、脂性にも関わらず、口のまわりと目元はカサカサ乾燥しています。また、少しアトピー気味です。化粧品もあわないものや日光にあたると赤いブツブツがでます。この時期は特にひどいです。

杉山  お二人の肌の状態と悩みをまとめますと、Aさんは、Tゾーンが脂っぽく、頬が乾燥しているタイプで、一番気になるのはお鼻の汚れですね。Bさんは、基本はオイリースキンでテカッている、でも、目と口のまわりは乾燥しています。日光にあたると赤いブツブツができ、ちょっとアトピーっぽいアレルギーがあります。Aさんはやはり20代や30代とちがって肌の感じがちがってきましたか?

Aさん 30歳までの頃は、私もBさんと一緒で、脂で肌がベタベタしていたのですが、特に頬や目の下や口のまわりが乾燥してきました。ファンデーションをつけてもなじまないです。

杉山  さて、スキンケアは「美肌の基本は洗顔から、洗顔に始まり洗顔に終わる」と言いますが、洗顔では、何の汚れを落としていると思いますか?

Aさん メイクですね。他には、外気からのチリやホコリ、微生物などの汚れですかね。

Bさん 汗、皮脂の汚れでしょうか。

杉山 メイクの他にもスキンケア(化粧品)も時間がたつと汚れになります。そういう汚れも、油性の汚れになりますよね。いろいろな汚れが肌につきますので、汚れをきちんと落とすということがすごく大切です。汚れが取れていない肌に化粧水や美容液をつけても、まったく意味がありません。

スキンケアは、基本3つのステップで構成されます。

①お肌の汚れをとる→②お肌に水分を与えて潤す→③水分の蒸発からお肌を護る

私たちの身体は、汗をかくなどして、皮膚を潤して保護する機能を持っています。したがって、汚れさえ落とせばスキンケアのお手入れをしなくても生きてはいけます。ただ、唯一汚れをとるということが、自分の身体、皮膚ではできません。自分でケアしなければならないのです。衣類のお洗濯のように、洗剤を使い分けたり、洗い方を変えたりするように、お肌の汚れの落とすときも、お洗濯同様に使い分ける必要があります。洗顔商品というと、オイル、石鹸、フォーム、ローション、ふき取り、ミルク、クリームなど色々なものがありますが、汚れの状態によって、使い分けていくのが大事です。脂の汚れは脂でとるということが鉄則なので、化粧をばっちりしている人は、ローションやミルクよりもオイルやクリームでとったほうがいいですよということです。


次に、ベルソワンクリアスキンソープを使用してみての感想をお聞きしたいと思います。最初、使ってみてどうでしたか?

Aさん そうですね。泡立ちがフワフワすごくよくて、使用後もつっぱらなかったです。なんとなく、肌が白くなった気がしました。

Bさん やはり、泡立ちのよさには驚きました。すごく洗ったという感じという感じがあるのに、つっぱらないことに驚きました。


1週間使ってみて、今まで使った洗顔石鹸と違うと感じた点はありますか?

Aさん 洗った後、気持ちがとてもいい感じがします。前にもさっぱりした洗顔料を使っていましたが、クリアスキンソープは、以前に使った洗顔フォームとちがい、洗った後のしっとりさがあって、とてもよかったです。

Bさん 1週間使って、すごく洗った感は感じながら、口のまわりの乾燥がきにならないくらい保湿がすごいなと感じました。

 

それでは最後に、何かご質問などはございますか?

Aさん 泡がきめ細かいと洗顔に良いとリーフレットに書いてありました、何が良いのですか?

杉山  ベルソワンクリアスキンソープは、①きめ細かい泡②泡の弾力③泡もちが良いことにこだわって商品を作りました。

「泡がきめ細かい」というのは、洗った時に汚れを、しっかり包み込んで浮き上がらせるという効果があります。キメが荒い泡は粒子が大きいので小さな毛穴の中に入らず、汚れがとれにくく包み込めません。

「泡の弾力」というのは、適当にたてたうすい泡だと泡がすぐに無くなり、肌をこすっている状態になります。それは肌に刺激になるので、弾力のあるもちもちした泡で、手と肌の間に泡のクッションをつくると肌を傷めない洗い方になります。

「泡もちが良い」というのは、洗顔の途中で泡がつぶれてしまうと、汚れがきちんと取れないので、最後まで泡が持つように泡持ちにはこだわりました。そして、その泡に、ヒアルロン酸とかコラーゲンとかお肌に良い美容成分が入っているので、肌をいたわりながら洗うことができます。

Bさん ダイヤモンドパウダーが入っていると、何がちがうのですか?

杉山  クリアスキンソープは、エステのお手入れにダイヤモンドパウダーピーリングという、シミやそばかすを取り除くお手入れがあり、そこからヒントを得ました。汚れの中には、古くなった角質も含まれます。しかし、肌の老化や状態によって代謝が乱れると、古い角質がはがれにくくなります。ダイヤモンドパウダーは、はがれそうな古い角質を無理なくはがし、お肌に新陳代謝をうながすことができます。お客様の中に、ダイヤモンドパウダーで角質を取るのがこわいとご質問をいただくことがありますが、無理にではなく自然にはがすだけで、お肌に負担はかかりませんので、どうぞご安心なさってください。クリアスキンソープで洗顔をすると、顔をぱっと見た時に、白くなっているなと実感していただけると思います。とくに、日頃お手入れしない男性の方が使うと、おどろく方も多いです。今のところ、ダイヤモンドパウダーが入っている石鹸はクリアスキンソープだけだと思います。

Aさん これから夏に向けてこちらのクリアソープを使って洗顔のアドバイスはありますか?

杉山  これから、夏に向けて汗をかいたり脂も出ます。肌がベタベタして汚れがたまりやすくなります。Aさんは、Tゾーンがオイリーで、頬が乾燥していますので、普段は普通に泡をたてて洗い流していると思いますが、Tゾーンはこまめに丁寧に洗い、頬は軽く泡で押しながらやさしく3回くらい大きくくるくる洗う。特にTゾーンは顔の中でもよけいに脂が出るところなので、特に二つの指の指腹で小さな円を描きながら丁寧に洗ってください。夜はダブル洗顔すると良いです。1回目はメイクの汚れをとることを考え、二つの指(中指と一さし指)を使い、細かい円描きながら丁寧にメイクの汚れを包みこんで浮き上がらせてすばやくすすぎます。2回目は、落ちなかった汚れをやわらかく軽く洗い流します。また、朝も、汗やホコリなど汚れがついていますので、きちんと洗顔をしてください。Tゾーンは丁寧に洗い、頬は大きな円で優しく洗うと良いと思います。また、クリアスキンソープにはしっとり成分が入っているので何もしなくてもいいのでは?と思いますが、洗顔後のお肌には、基本何も無い状態です。洗い上がり後はしっとりしていてもすぐに化粧水で水分を与えるのが美肌の秘訣です。クリアスキンソープの保湿成分は、つっぱらずしっとりと気持ち良く洗うためのもので、化粧水や美容液のように水分を補充してお肌を潤わせるものとは違います。

杉山  また、Bさんはアトピー性で肌が弱いので、朝起きた時にちょっと赤いプツプツが多いなと思った時は、ぬるま湯で洗うだけでもほこりや汗はとれるのでそのほうが良いと思います。また、調子が落ち着いたら、洗顔用品を使って汚れをとることをしていったほうが良いと思います。洗顔後はパーフェクトローションで、しっかり保湿することが大切です。

本日は貴重なご意見ありがとうございました。

コメントする

名前

URL

コメント

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 休業日

海の日

モバイルサイト

ページトップへ